企業における勤怠システムの導入について

従来より、社員の出退勤の管理にはタイムカードが使われていました。タイムカードは現在でも多くの企業で利用されており、なじみの深い勤怠管理の方法です。

コトバンクについて知りたいならこのサイトです。

しかし、近年、勤怠システムを導入している企業も増えています。



勤怠システムを導入する利点は、出退勤時刻から自動で勤務時間が算出されることです。

従来では、残業時間を計算するのには多大な作業時間がかかっていましたが、システムが瞬時に計算してくれるので総務担当者の手間は大きく削減できるようになりました。

また、有給休暇の申請や、承認作業、残日数の管理もシステム上でおこなうことができるため、従業員の負担軽減にもつながっています。
勤怠システムと言っても様々な種類があります。


例えば、社員証などのICカードを利用する方法です。

従業員は出退勤時に専用のリーダーに社員証をかざすだけです。
今まで、タイムカードで打刻していた代わりに社員証を使うだけなので、従業員に抵抗が少ない方法です。カードリーダーを入退室管理システムと併用している企業もあります。入退室した時間と出勤退勤時刻は必ず一致しますので、サービス残業等の不正を防ぐのにも役立ちます。

また、ICカードを使っていない会社や、カードリーダーを導入するのが難しい企業向けには、オンラインシステムを用いてWebから打刻するシステムの導入を検討してもよいかもしれません。

従業員は自席で、出勤時と退勤時にWebから打刻作業を行います。

勤怠システムに関する詳細です。

設備投資も必要なく、安価に開始できる方法です。

いずれの勤怠システムを導入しても、従業員や総務課担当者の負担の軽減につながりますので、まだ未導入の企業は一度検討してみてもよいかもしれません。